メガネの田中

logo

logo g.g.広島

「スワ会」 夜の部 ALL IN編

2008.09.27

本日は昨日の「スワ会」夜の部をお届け致します。

 

ゴルフ場をあとにしたのが15時過ぎ

このまま解散するにはちょっと早すぎるということなので

広島市内に戻って飲もう!という事になりました。

 

S君の車で来ていたので一回車をS君の家に置き

アストラムラインで市内に向かうことに。

 

 

その車中S君が「カープ見にいきません?この時間ならまだ球場入れますよ。」と。

正直かなり疲れていたので気乗りしませんでしたが、今我等がカープは

クライマックスシリーズに出れるかどうかの瀬戸際で広島全体が盛り上がって

いるところだったので、「よし!応援にいくか!」と飲み会から急遽カープの

応援に行くこととなりました。

 

 

 

CIMG0800.JPG

開場前からすでにたくさんの人達が球場に向かって

いました。「自由席座れるんかいのー 。」と私。

立ち見で応援する元気はない私はそれだけが心配・・・。

 

 

 

CIMG0801.JPG

クライマックスシリーズをかけた大一番(しかも相手は巨人)という事と

市民球場ラストイヤーという事で球場前は人だかり。

テンションが上がっていくS君を尻目に私のテンションは

下がる一方。「とにかく座らせてくれー。」

 

 

 

CIMG0802.JPG

席の心配を一番にしていましが、なんとか席が確保でき

ようやくテンションが上がってきました!

 

 

 

CIMG0805.JPG

 

特に野球が好きと言うわけではありませんが、小さい頃野球中継を見ながら

勝っている時には機嫌良く酒を飲み、負けてる時には「つまらんのー。」と酒を飲む

親父の背中を見て育ったので、気付けばカープファンになっていました。

こうしてカープファンは親から子へと受け継がれていくんですねー。

 

 

 

CIMG0807.JPG

プレイボール前に腹ごしらえ。

S君とシュウ君が疲れている私を気遣ってお弁当とお酒の

買出しにいってくれました。「ありがとう。」

から揚げ弁当とビールを流し込みあとはプレイボールを

待つのみです。

 

 

 

CIMG0809.JPG

5回途中、球場を真っ赤に埋め尽くそうという

中国新聞の企画に大盛り上がり!

 

 

 

CIMG0810.JPG 

 ウェーブもおこりヒートアップ!

ウェーブは球場を4周もしました。

すごい!

 

 

 

CIMG0811.JPG
CIMG0813.JPG

一つ前の席の素敵な女性から風船を頂きました。

7回裏にこの風船を飛ばします!

 

 

 

CIMG0817.JPG

肝心の試合は一回表に小笠原に2ランを打たれましたが

その裏広島4番の栗原が3ランを 打ち逆転。

その後も巨人阿部のホームラン、広島シーボルのホームランと

シーソーゲームでしたが、終盤巨人中継ぎの越智のワイルドピッチから

得点が入り(これが決勝点)最後は広島の守護神永川が抑えゲームセット!

5-4でカープが勝ちました!!

ばんざーい!

これでまた3位中日に並びました。クライマックスシリーズの切符をなにがなんでも

つかんでくれー!

「堺は阪神ファンばっかりじゃけどわしは負けんよ。」と常々口にしている

クロスモールggの吉田店長も日々応援しているみたいです。

 

 

クタクタに疲れた一日でしたが、とっても充実した休日となりました。

いつも皆遊んでくれてありがとう!

 

 

 

 

月に一度の「スワ会」

2008.09.26

毎月一度仲間数人と遊ぶ私。

30歳を過ぎると、それぞれに家庭があり

なかなか遊んで頂けないのだが、このメンバーは

とりあえず月に一度は私と遊んでくれます。

 

毎月毎月やる事が違いましてBBQや昼飲(昼間から飲むことです。)ボーリング

ビリヤード、冬だとスノボ、その時の気分で遊んでいます。

 

で、今回の「スワ会」は

紳士のスポーツゴルフ!

正直ゴルフの知識は小学生の時に見ていたプロゴルファー猿から

得た現実離れしたモノばかり。

もちろんクラブなど握った事もなければ打った事もない。

 

こんな知識も技術もない私が果たして楽しめるのか?

かなり不安でしたが、

 

あるんです!そんな初心者でも楽しめる所が!

 

 

東広島カントリーにあるファミリーコース!

40Yから80Yぐらいまでの本当に短いコースばかり

これなら初心者の私でも大丈夫。

 

 

 

CIMG0793.JPG

 当日はあいにくの小雨・・・。

しかもかなり蒸し暑い。

 

 

 

CIMG0785.JPG

早速くじ引きで順番を決めます。

 

 

 

CIMG0786.JPG

 このメンバーで一番上手いコバさん。

素振りもなんかカッコイイー。

もちろん優勝候補NO1です。

 

 

 

CIMG0790.JPG

やりたかっただけのこのポーズ。

 途中ヘビを捕まえたり、栗をひろったりと

合間、合間で休憩を入れながらコースをまわります。

 

 

 

CIMG0795.JPG

雨も途中で止み、罰ゲームをかけた白熱のバトルが繰り広げられました。

5H目まで私と熾烈なドベ争いをしていたS君も

しり上がりに調子を上げ気付けば2位に・・・。

 

 

 

CIMG0796.JPG

この日大健闘を見せたシュウ君。

6Hまでコバさんを抑えトップ。

バンカーショットも上手に決めトップの座を守ります。

 

 

 

CIMG0798.JPG

しかし、怒涛のコバチャージによりあえなくトップ陥落・・・。

 

集中力を切らしたシュウ君は最終ホールで私とドベ争いを

するところまで後退。

 

 

 

CIMG0799.JPG 

 

旗包みや百舌落としなどできるはずもなく

結局無残な結果で終りました。

総合順位4人/4位

 

 

 

1500円で3時間も遊べる素敵なコース。

ファミリーコースなら次回も是非やりたいです。

 

 

ゴルフで終わりだと思っていた「スワ会」でしたが

この後夜の部へと続くのでした・・・。

夜の部は次回ご紹介致します。

 

 

 

 

ネイビーブルー!?

2008.09.23

他ブランドと一線を画すデザインで人気のFactory-900ですが

実はカラーも他ブランドにはない独特なものが多いんです。

 

 

 

本日ご紹介するのは

FA-203!のこのカラー!

 

 

IMG_2678.JPG

ネイビーブルーです。

このペンキで塗ったかのようなベッタリカラー、

グレーに見えちゃいますがカラー表記はネイビーブルー。

 

 

 

 

IMG_2679.JPG

Factory-900の中では細めのモデルですが

ベッタリカラー効果で存在感抜群です。

 

 

 

 

IMG_2681.JPG

独特なデザイン&カラーをお探しの方に

おすすめのヤンチャメガネです。

 

 

 

 

WOLFGANG PROKSCH

2008.09.23

私が好きなブランドの一つ

「WOLFGANG PROKSCH」ウォルフガング・プロクシュ

デザイナーの名前がそのままブランド名となっています。

名前から分かるようにドイツ人デザイナーです。

 

プロクシュの特徴はシンプル・・・、なのに後ひく感じ。

掛ければ掛けるほどボディーブローのように効いてきて

最後にはプロクシュの虜になってしまいます。

私もその一人です。

 

 

 

IMG_2689.JPG

WP-0809

プロクシュのデザインで代表的なマスクと呼ばれるモデルです。

よく見ると一筆書きのようにフロントリムがレンズをクルリと

囲っています。

 

 

 

 

IMG_2690.JPG

見て頂いて分かるように本当にシンプルです。

彼のデザインは無駄を省く引き算的なもの。

ミニマルデザインといえばプロクシュです。

 

 

 

 

IMG_2691.JPG

このブランドの特徴の一つスウイングヒンジ。

ゴテゴテする部分も彼にかかればこの通り。

無駄がないですねー。

 

 

 

 

IMG_2693.JPG

WP-0715

彼のデザインは数年後に流行ると言われ

常に業界内では注目されています。

 

 

 

 

IMG_2694.JPG

ブランド立ち上げ当初からレンズシェイプは大きめで

たれの目のものがほとんど。

そう言えば最近こういったレンズシェイプ

インポート、ドメスティック問わず増えてますよね・・・。

 

 

 

 

JAPONISMのブロータイプフレーム。

2008.09.22

JAPONISMから久し振りのブロータイプフレームが登場です。

ブロータイプと言うと、最近のレトロメガネ人気でお洒落感度の

高い人達に注目されています。最近街でもチラホラ見かけます。

掛けこなすとかなり格好良く、お洒落度UP!UP!です。

 

しかし、元々かなりクセの強いフレームなので失敗すると

「おじいちゃん!?事務員さん!?」ってな事にもなりかねない

諸刃の剣とも言えるフレーム。

 

 

 

今回ご紹介するJAPONISMのブロータイプフレームは

先程の失敗例のようにはならない素敵なアイテムです。

 

 

 

 

IMG_2683.JPG

JN-467

深すぎない天地幅なので野暮ったくなりません。

 

 

 

 

 

 

IMG_2684.JPG

正面から見るとこんな感じです。

程よいボリューム感が好印象です。

 

 

 

 

 

 

IMG_2685.JPG

ポイントはこちら!

この丸みを帯びた仕上げです。職人技が光ります。

このツルンとした仕上がりが野暮ったさを軽減し

都会的なイメージを演出してくれます。

 

 

 

 

 

IMG_2687.JPG

色違いです。

知的で落ち着いた雰囲気を出したい方に

おすすめです。

 

 

 

 

IMG_2688.JPG

綺麗な生地だなーと思っていたら

こちらイタリア・マツケリ社に特注したJAPONISM

オリジナル生地だそうです。

 

 

 

JAPONISMのブローフレームと言えば

エッジ感が売りだったJN-312。

人気モノだった前作に負けないで欲しいですね。

 

 

 

 

カテゴリ

以前の記事