みなさん、こんにちは。

1月に入ってから自分史上最速のペースで映画を観に行っているムラカミです。

 

昨年も数えてみると約20本を映画館に足を運んで観ていたのですが、

今年はそれを越えてしまいそうなペース。

いやー、どんどん観たい作品が出てきてしまう。笑

 

ちなみに。

今まではかなり偏ったジャンル?を観ていたのです今年に行ったのは幅広く

初めてのインド映画やドキュメンタリーなどもあって、しかもそのどれもが面白くて・・・

まだまだ映画館通いが続きそうです。笑

 

 

 

では、お待たせしました!

フランスのアイウェアブランド【 tarian 】

ブランド初のメタルコレクション〝 NAOSHIMA – EMM008 〟

〝 TESHIMA – EMM010〟のご紹介です。

ついに来ました。

以前に書いた展示会の記事でチラ見せしてました。

気になっていた人も多いんじゃないでしょうか?

このコレクション、めちゃくちゃイイですよ。

個人的にかなり好きです。

 

 

レンズシェイプが丸いほうが〝 NAOSHIMA 〟

八角形が〝 TESHIMA 〟

 

 

もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、

モデル名が瀬戸内海に浮かぶ島、『 直島 』『 手島 』から取られています。

『 直島 』はアートの島としても有名なところですね。(あー、行ってみたい)

デザイナーであるジェレミー・タリアンの日本好きが伺えます。

 

 

やはり、この2モデルの特徴は通常のリムの上にもう一本カラーリングの違うバーがあるところ。

「さりげなく、でも遊び心は忘れずに。」

そんなジェレミーの絶妙なバランス感覚がうまく出ているデザイン。

 

 

セルのコレクションから続く色のこだわりももちろん健在。

〝 NAOSHIMA – EMM008〟

左)col.200 – Black and silver with black temples

中)col.211 – Gold and black with black temples

右)col.201 – Black red with black temples

 

 

〝 TESHIMA – EMM010 〟

左)col.205 – Gold and black with black metal

右)col.207 – Red and purple with purple havana temples

 

ブランドの特徴でもある各モデル、各カラー500本限定生産。

シリアルナンバーも入ってます。

これもけっこう嬉しいポイント。笑

 

 

それぞれ掛け比べるとこの雰囲気。

デザイン性は高いですが、すんなり顔に馴染んでくれます。

カラーによってかなり印象も違い、自分に合うものだとかなりハマリますよ。

 

【 tarian 】は若いブランドながら、これからさらに注目されること間違いなし。

ぜひチェックしてくださいね~!

 

 

ムラカミ トシノブ

g.g.は2018年8月、g.g.WAREHOUSEとしてリニューアルいたしました。本記事には当店で現在取扱がないブランドが掲載されている場合もございます。あらかじめご了承ください。
g.g.WAREHOUSEの取り扱いブランドはこちらをご覧ください→https://www.gg-circle.com/minamihorie/

g.g.広島店は2018年10月営業を終了いたしました。広島エリアでのメンテナンスやお問い合わせは「メガネの田中 広島本店」で承ります。店舗詳細→https://www.tanaka-megane.co.jp/store/78/show