みなさん、こんにちは。

ムラカミです。

 

すっかりブログの更新が滞ってしまっていました。。。

コロナウィルスの影響で世界中が不安なムードに包まれていますね。

少しでも早い収束を願います。

 

 

もう2週間以上前のことで遅くなりましたが、

イベント『 my KAKERA design 』として実施した金継ぎワークショップの様子をお届けです。

 

「金継ぎ」とは割れた器などをつなぎ合わせ、

そのつなぎ目に金の装飾を施した日本の伝統的な修復方法。

 

モノを大事に永く使う。

そういった日本の精神性も感じる文化ですね。

 

現代のサスティナブルな社会つくりに対しての関心の高まりにも通じるものがあるのかも。

 

単純に、

お気に入りの器が割れてしまってショックで捨てるしかなかったのが、

金継ぎによってまだまだ使える。

さらにカッコよくなって!というだけでも楽しい気分になりますよね~

 

 

 

今回は、講師としてコバヤシタカシさんに来ていただき体験していただきました。

 

 

今回のワークショップでは、本漆を使う本格的な金継ぎではなく

より手軽に行える「現代金継ぎ」と呼ばれる簡易版。

早く乾き、約3時間で完成します。

まず、

割れた器の欠片を引っ付けて、そのあとに金の装飾を施すのですが

引っ付いた時点で「お~」と復活する喜びの声が。

 

みなさん、思い思いの器をお持ちになって

その思い入れのお話で盛り上がったりもしました。

 

 

そして、より繊細な作業に移ると・・・

 

皆さんまさに没頭。

「こんなに集中したの久しぶり!」と言われる方も。笑

 

 

 

そして完成した器は、メガネを添えて

イベントビジュアルを再現した本気の撮影をさせていただきました!

これがまたカッコイイ!!

 

 

 

ほかにも当店独自の店舗デザインに合わせ、撮影スポットをセット。

そこでお客様ご自身がお気に入りの写真を撮られていたのも印象的でした~!

 

 

 

それぞれ作業された器を持って、バッチリ記念撮影も。

 

好評のイベントとなり嬉しい限り。

「またやって!」「次は参加したい!」との声も多いこのワークショップ。

 

またやりたいですね~

今後もイベントをチェックしといてくださいね!

 

 

ムラカミ トシノブ