g.g.WAREHOUSE StaffBlog

SNS

g.g.WAREHOUSE 南堀江店

【 Lesca LUNETIER 】 おすすめヴィンテージサングラス

2019.05.10

みなさん、こんにちは!

ムラカミです。

 

長かったGWは楽しまれましたか?

過ぎてしまえば、あっという間でしたね~

 

 

私は合間の休みを利用して、大阪・池田にある北欧インテリアショップ

『 HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN 』に行ってきました。

 

 

GW期間中にそこでデンマーク発の 『PLETHORA MAGAZIN』という

ポスターサイズの雑誌のイベントがあり、それを見に行ってきました。

 

めちゃくちゃお洒落な店内のところどころにポスターのようなものが見えまよね。

これが『PLETHORA MAGAZIN』 に掲載されている作品。

 

 

厳選された写真やアートワークをその作品の魅力が最大限伝わるように

印刷方法、紙までこだわり抜いて作られていて、世界で1,000部しか発行されない雑誌。

(ちなみに日本には200部しか入ってこないそうです。)

圧巻のアートを堪能してきました。

 

 

 

そして、GWが終われば夏本番!

・・・と、まではいかず。少し肌寒さを感じる日が続きますが、気になるのがサングラスですね!

 

 

本日は、

【 Lesca LUNETIER 】( レスカ ルネティエ )

ヴィンテージサングラスをご紹介。

 

数多くの著名人にも愛用され、「フレンチトラッド」の伝統を

現代まで繋ぐ【 Lesca LUNETIER 】

 

 

伝統的なデザインの名作を現在でも作り続けているのはもちろん、

この『 ヴィンテージシリーズ 』もブランドの特徴。

 

 

50年近くフランス・ジュラ地方に眠っていたリアルヴィンテージ。

それには言葉では説明できない佇まいで私たちを魅了します。

 

まず代表的なモデル。

〝 8mm CROWN PANTO 〟

 

〝 6mm CROWN PANTO 〟

 

 

8mm、6mm というのは、生地(素材)の厚さです。

比べてみると・・・

左が8mm、右が6mmで、こんなに違います。

同じレンズシェイプ、サイズでもこんなに印象が違ってきます。

 

 

掛けてみるとこんな雰囲気。

着用しているのは〝 8mm CROWN PANTO 〟

かなり小ぶりですが、それがよりレトロなイメージを作ってくれます。

 

同じものが二つとない全て一点もの。

本当に出会いのサングラス。

 

 

さらに、こんな変り種(?)も。

上)〝OCTAGON〟(8角形)

下)〝HEXAGON〟(6角形)

 

その時代の空気感を感じますよねー。

この2つはかなりビッグシェイプ。カッコイイ。

 

今だから掛けたいデザインですね。

だからヴィンテージは面白い。

 

ぜひチェックしてくださいね!!

 

 

ムラカミ トシノブ

2019SS 東京展示会へ行ってきました。vol.3

2019.04.26

みなさん、こんんちは!

ムラカミです。

 

いよいよ改元の日が近づいてきましたね~

時代の節目となる記念日を迎えることが出来るのは、なんだか嬉しい気もします。

そして、長期のGWもですね!

ご予定はお決まりですしょうか?

 

当店では、GW期間イベント開催中!

 

◇concept-box show  vol.2 ◇

————-妄想図鑑 —————-

2019/4/19(fri) ~ 5/6(mon)

 

ぜひ、遊びに来てくださいね~!

 

 

では。

3回目になりました、東京展示会ブログ。

今回で最終回です!

 

フランスのジュラ地方での伝統を現代に繋げている

【 Lesca LUNETIER 】

 

フレンチトラッドなデザインに漂う分雰囲気は、やはり歴史と伝統があるから。

【 Lesca LUNETIER 】にしかない魅力に溢れています。

 

 

外は雨降りでしたが、中に桜がある素敵なギャラリーで紹介していただきました。

 

セルタイプのラウンドが充実。

ちょっとクセがあるのがたまらない。 これはもう ”味” です。

 

完全受注生産のモデルも!

この高い位置についたブリッジに、ちょっと太めのテンプル。。。

 

絶妙のバランスです。

カッコイイ・・・!

ちょっとチャーミングさを加えた、コーディネートに合わせて欲しいですね~

 

 

 

最後のご紹介は、

【 AKITTO 】

 

直営店である 「 megane no kawakami 」 が花で埋まってました。

しかも、これ全部、生花。 びっくりです。

 

 

もちろん、新作たちも可愛かったですよ~♪

 

人気の 「 pin 」 シリーズも、もう第7弾。

「 pin1 」 を横長にしたようなシェイプ。

 

もう、間違いないですよね。

 

エレガントなカットリム系も素敵でした~!

”甘すぎないけど、かわいい”、ちょっとしたアクセントが女性の心を掴んでます。

オトナ女子に本当にピッタリ!

 

デザイナー・川上さんと奥様。

アットホームな雰囲気でいつも迎えてくれて、ついつい楽しくなってしまいます。笑

今回のコレクションも期待を裏切らないものばかりでした~!

 

 

 

3回に渡ってお付き合いいただきました、東京展示会ブログ。

いかがでしたか?

ここで紹介しきれないほどの、たくさんのメガネたちを見てきました。

少しでも私たちの興奮が伝わっていれば嬉しいです。

 

かなりタイトなスケジュールの中、セレクトはしっかりしてまいりました!

早くみさなんに見ていただきたいものばかり。

 

 

とはいえ、入荷してくるのは早いものでも5月中旬くらいから・・・

私たちも待ち遠しい。

届きましたら、もちろんこのブログでもお知らせします!

よろしければ、インスタグラムもチェックしくださいね~(そちらの方が早いかも・・・)

 

 

ムラカミ トシノブ

2018AW 東京展示会に行ってきました。 vol.4

2018.11.16

みなさん、こんにちは。

ムラカミです。

 

第4回目の東京展示会ブログ。

スワの『SILMO日記』を挟みながらお送りしておりますが、こちらは東京・青山に向かいます!

 

次の目的地は、

FACTORY900 TOKYO BASE』

【 FACTORY900 】の直営店です。

店頭にあるオブジェの影がイイ感じに。

 

2018AWの【FACTORY900】はトピックが盛りだくさん!

ブランドの勢いを感じます。

 

まずはやはりこのニュースでしょう!

【FACTORY900 × LEXUS 】

まさかの、あの高級自動車ブランド『LEXUS』とのコラボが実現!!

それもブランド初のフルメタルモデルも登場。

 

【FACTORY900】ならではの躍動感ある、流線型のデザイン。

このカッコよさ。

『LEXUS』オーナーにはもちろん、そうでない人も要チェックです!

特設サイトもオープンしたのでそちらのリンクも貼っておきますね。

https://www.factory900.jp/lexus_lp/

バッチリ予約もして当店に入荷予定です!

 

 

こちらは今年のシルモドールにノミネートされたサングラス!

(受賞とはならず残念。。。)

アパレルブランド 『ELZA WINKLER』 とのコラボレーションモデル第2弾。

フードの付いた特徴的なデザイン。

第1弾に比べて直線的なラインが印象的でした。

 

まだまだ、あります。

人気の<FA-240>、<FA-234>に限定カラーが登場!!

 

もちろん、レギュラーラインも大充実。

進化していくブランド。

ますます目が離せませんね。。。!

 

 

 

では、少し移動しまして同じ青山にあるお洒落なギャラリーへ。

 

ここでは、フランスのブランド【Lesca】をチェック。

 

新作はレディースにオススメなフォックスタイプに注目。

絶妙なラインがかなり良いです!

 

 

【Lesca】といえば、、、のVINTAGEラインもしっかり補充!

あ、いま写りましたね。

 

そう、この日はフランスからジョエル・レスカ氏が来ていたんです!

直接、話を聞かせていただける貴重な機会でした。

記念写真も撮らせていただきました。

フランス人って、みんな良い人なんですか???

すごく親しみやいお人柄でした。

 

 

東京での展示会の模様をお届けするのは今回で終了。

そして、番外編に続きます。笑

 

ムラカミ トシノブ

Brand introduction [ Lesca LUMETIER ]

2018.08.31

みなさん、こんにちは。

夏が好きなムラカミです。

 

とは言っても、今年は暑すぎますね。。。

みなさんも熱中症などには十分お気をつけください。

それでも私は寒いより暑いほうが好きですが。笑

 

今回は当店で取り扱うブランドのご紹介。

[ Lesca LUNETIER ] ( レスカ ルネティエ )

 

「French Heritage(フランスの伝承)」 と自らの活動を位置づけるレスカ家による

フランスのアイウェアブランド。

 

日本の「鯖江」にあたる、世界的な眼鏡の生産地であるフランス東南山岳地帯「ジュラ地方」で

20世紀初頭より眼鏡に携わってきたレスカ家は、【 Lesca LUNETIER 】 を1964年に立ち上げ、

半世紀以上もの間、頑なにその伝統を現代に繋げています。

( 中央左がデザイナーの ジョエル・レスカ氏 )

 

[ Lesca LUNETIER ] にはブランドを支える2本の大きな柱があり、

その1つは 『French Vintage』。

1950年代から1970年代にかけて製造され収集してあった、倉庫に眠っていた大量のデッドストック。

そのまま出荷できない半完成品の部品を、熟練の職人が手作業で仕上げる、

まさにリアルヴィンテージと呼ぶにふさわしいシリーズ。

 

 

もう1つは、フレンチトラッドなデザインのエッセンスをアップデートさせていく

現行の『Lesca LUNETIER』。

 

ブランドのアイコンとなるのは「クラウンパント」と呼ばれる王冠を模したデザイン。

 

近代建築家の巨匠「ル・コルビュジエ」。

さらに、ちょうど今の期間に東京美術館での展示会が話題の

フランスでもっとも有名な日本人画家「藤田嗣治」 など、その愛用者は多い。

そのデザインは時代を超え現在でも他にはないオリジナルな存在感を放ちます。

 

” 伝統というストーリーがある ” これがブランドの色あせない魅力。

絶妙な ” クセ ” がある感じがオススメポイント。

ぜひ、その手に取ってお確かめください。

 

ムラカミ トシノブ

以前の記事