g.g.WAREHOUSE StaffBlog

SNS

g.g.WAREHOUSE 南堀江店

【 tarian 】 2019SS Collection の2モデルが入荷です!

2019.07.26

みなさん、こんにちは!

ムラカミです。

 

連日、ご好評いただいております メガネ×アート のイベント

『 本日、そんな気分。 』

もう体験していただけましたか?

 

 

16日間のという長い気もしたイベントも、あっという間にあと少し。

28日(日)までです!!

 

最終日には、参加アーティストの 「 松本真之 」 さんによる似顔絵イベントも開催されますので、

ぜひこの機会を逃さず、ご来店くださいね~

 

 

 

では、今回は久しぶりに入荷した新作のご紹介です!

 

来ました。

フランスから。

 

【 tarian 】 です!

 

【 tarian 】の魅力が詰まった2モデルが入荷です。

 

まずはコチラ。

懐かしさすら感じる細長のスクエアタイプ

〝COME PAPA / EMM013 〟

上)col.201 – Black and red metal

下)col.213 – Black and white metal

 

段がついた絶妙な立体構造に、効果的なカラーリングが施されています。

 

テンプルも ” くの字 ” のように折られていて、

フロントのデザインとの調和が素晴らしい。

 

この懐かしさを感じるデザインは実は名前に秘密があります。

品番の「 COMME PAPA 」。 これは 「 パパのように 」 という意味。

 

【 tarian 】 のデザイナー『 ジェレミー・タリアン 』 のパパは

あのメガネ界の巨匠 『 アラン・ミクリ 』 !

 

ジェレミーがアラン・ミクリへのオマージュで作ったモデルなんです。

懐かしさを感じてもおかしくないでしょう?

むしろ新しさすら感じます。

 

 

 

そしてもう1モデルは、

〝 Ponza / EAM033 〟

上)col.665 – Brun-Turquoise / M black

中)col.668 – Brun-Pink / M pink

下)col.669 – Brun-Jaune / M black

 

ブロウ部分に2色の張り合わされたアセテート、さらにステンレスのメタルパーツが

折り重なりコンビネーションフレーム。

 

「 DOLCE 」(甘い) と名づけられたシリーズで、

ブランドのアイデンティティとして色使いにこだわる 【 tarian 】

”らしさ” が詰まったモデルです。

 

少し大きい目のサイズで、ヨーロピアンテイスト。

女性にオススメです!

 

 

【 tarian 】のフレームは、

全モデル、全カラーが500本限定で製作されていて、

シリアルナンバーが刻印されています。

これがあると、《 自分だけの1本 》 という感じが出ますよね!

かなり嬉しかったりします。笑

 

ぜひ、チェックしてください!!

 

 

ムラカミ トシノブ

【 tarian 】 ブランド初のメタルコレクション〝 NAOSHIMA 〟〝 TESHIMA 〟

2019.01.28

みなさん、こんにちは。

1月に入ってから自分史上最速のペースで映画を観に行っているムラカミです。

 

昨年も数えてみると約20本を映画館に足を運んで観ていたのですが、

今年はそれを越えてしまいそうなペース。

いやー、どんどん観たい作品が出てきてしまう。笑

 

ちなみに。

今まではかなり偏ったジャンル?を観ていたのです今年に行ったのは幅広く

初めてのインド映画やドキュメンタリーなどもあって、しかもそのどれもが面白くて・・・

まだまだ映画館通いが続きそうです。笑

 

 

 

では、お待たせしました!

フランスのアイウェアブランド【 tarian 】

ブランド初のメタルコレクション〝 NAOSHIMA – EMM008 〟

〝 TESHIMA – EMM010〟のご紹介です。

ついに来ました。

以前に書いた展示会の記事でチラ見せしてました。

気になっていた人も多いんじゃないでしょうか?

このコレクション、めちゃくちゃイイですよ。

個人的にかなり好きです。

 

 

レンズシェイプが丸いほうが〝 NAOSHIMA 〟

八角形が〝 TESHIMA 〟

 

 

もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、

モデル名が瀬戸内海に浮かぶ島、『 直島 』『 手島 』から取られています。

『 直島 』はアートの島としても有名なところですね。(あー、行ってみたい)

デザイナーであるジェレミー・タリアンの日本好きが伺えます。

 

 

やはり、この2モデルの特徴は通常のリムの上にもう一本カラーリングの違うバーがあるところ。

「さりげなく、でも遊び心は忘れずに。」

そんなジェレミーの絶妙なバランス感覚がうまく出ているデザイン。

 

 

セルのコレクションから続く色のこだわりももちろん健在。

〝 NAOSHIMA – EMM008〟

左)col.200 – Black and silver with black temples

中)col.211 – Gold and black with black temples

右)col.201 – Black red with black temples

 

 

〝 TESHIMA – EMM010 〟

左)col.205 – Gold and black with black metal

右)col.207 – Red and purple with purple havana temples

 

ブランドの特徴でもある各モデル、各カラー500本限定生産。

シリアルナンバーも入ってます。

これもけっこう嬉しいポイント。笑

 

 

それぞれ掛け比べるとこの雰囲気。

デザイン性は高いですが、すんなり顔に馴染んでくれます。

カラーによってかなり印象も違い、自分に合うものだとかなりハマリますよ。

 

【 tarian 】は若いブランドながら、これからさらに注目されること間違いなし。

ぜひチェックしてくださいね~!

 

 

ムラカミ トシノブ

2018AW 東京展示会に行ってきました。 vol.2

2018.11.01

みなさん、こんにちは。

ムラカミです。

 

諏訪が同時にフランス「silmo」の記事を書いてますが、お間違えないように~。笑

 

こちらは前回に引き続き、東京展示会での様子をご紹介していきます!!

 

 

独創的なデザインが魅力のフランスのブランド

【 Pierre eyewear 】

まだまだ日本では広く知られているわけではないと思いますが

とてもアーティスティックなコレクションが並ぶブランドです。

 

 

特に今年はメガネ界のアカデミー賞と言われる『シルモドール』にもノミネート!

残念ながら受賞とはいかなかったですが、今後さらに注目です。

ではその新作たち!

いままでになかったタイプのコンビネーションモデル!

シェイプもカラーも絶妙なデザイン。

 

 

ちなみに『シルモドール』にノミネートされたモデルはこちら。

ユニセックスで掛けれるデザインで、写真では分かりにくいですが3次元的なアプローチが斬新。

 

 

さらにこんな大胆なデザインのものも!

ひと味違うメガネの楽しみ方が出来ますね~

 

 

そして、この日はフランスからデザイナーのピエールさんが来日!!

一緒に記念撮影もしてくれました。

めちゃくちゃ素敵な人でした。笑

 

 

そして、次はゆりかもめ(モノレール)に揺られて別会場「 SITE 」に移動!

 

【tarian】のブースに足を運び、、、

 

 

昨年までは【ic!berlin】でいただいていたんですが

今回はこちらで「もぐもぐタイム」に突入です!w

チキンカレー、ハヤシライスにロコモコ。

どれも絶品過ぎて、みんな一心不乱に食べてます。笑

本当に美味しかった!!

 

 

切り替えて、真剣モードです。

フランスのアイウェアブランド【 tarian 】の新作を見せていただきました!

 

アセテートのイメージが強いブランドですが、初のメタルコレクションが登場。

 

いままでポイント的に使用していたステンレスではなく、

チタンを使用するモデルなどチャレンジな部分がみえます。

 

はっきり言って、めちゃくちゃカッコイイです。

 

実はここでもデザイナーのジェレミー・タリアン氏に直接新作の紹介をしていただきました!

 

彼のファンでもある私のお願いでここでも記念撮影。笑

めっちゃ背が高い・・・!

私でも身長が175cmなので、いったい何cmなのか・・・

 

 

もちろん、他のスタッフとも撮らせてもらいましたよ!

終始にこやかに対応してくれて、とても柔らかな印象の方でした。

フランスの人はみんな良い人なのか。笑

 

 

 

ここでまた会場を移動し、

次はドイツのブランド【 MARKUS T 】です!

今回は「Limited Edition」も登場!

いままでの【 MARKUS T 】になかったブロウタイプが新鮮です。

 

 

 

今回から新たに追加された水平タイプのヒンジ。

【 MARKUS T 】のプロダクトの進化は止まりません。

 

こんなオシャレなモデルも。

『多角形』のレンズシェイプはいろんなブランド共通して今期のキーワードになりそうです。

 

 

vol.3につづきます!

まだまだ、みなさんお楽しみに~

 

 

ムラカミ トシノブ

Brand introduction 【 tarian 】

2018.09.16

みなさん、こんにちは!

ムラカミです。

 

少し過ごしやすくなってきましたね~

私はこのところあまり行けてなかった映画館やカフェ巡りに

繰り出そうかなと画策中です。w

 

南堀江店ではスタッフ4人が個別にインスタグラムもしていますので、

ぜひそちらも覗いてみてくださいね!

普段の様子も出てるかも。。。笑

 

 

それでは、今回は取り扱いブランドのご紹介。

2012年スタートしたフランスのハンドメイドブランド 【 tarian 】(タリアン)

 

デザイナーは『ジェレミー・タリアン』氏。

実はジェレミー氏の父は、なんとあの『アラン・ミクリ』氏!

メガネ好きな方でなくてもその名を聞いた事がある人もいるくらいの

メガネ界の大重鎮ですね。

 

ジェレミー氏は少し変わった経歴を持っていて、ドイツ・ベルリンのブランド 【 ic! berlin 】 に

経理として入社したにも関わらずその才能をデザインで発揮。

在籍時にデザインしたモデルが、メガネ界のアカデミー賞とも言われる《 シルモドール 》

獲得するという快挙を成し遂げています。

 

ジェレミー氏は1987生まれ、なんと現在31歳という若さ! ブランドを立ち上げたのは20代・・・

親子揃ってとんでもない才能。笑

 

 

ともかくカラーにこだわりが強い 【 tarian 】 。

アセテートの生地をオリジナルで作成したり、

逆にヴィンテージの生地を使用することも。

 

そのカラーが存分に活かされるボリューム感のあるフレームに、

特徴的に組み合わされるステンレスメタルが新感覚のアイウェアとして、

魅力的の一言につきます。

 

 

そして、全モデル・各カラーが500本限定という少量生産。

すべてのフレームに 「○○○/500」 とシリアルナンバーが刻印されています。

それはオリジナルのカラー生産にこだわった結果。

手にした人は、より 「自分だけの1本」 という特別感も得らるハズです!

 

ジェレミー氏はよく陶芸もするそうで、それもあってかハンドメイドならではの

アート性が感じられ、惹きつけられる。

まさに作品です。

さりげなくこだわりを感じさせつつ、

スタイリッシュにも楽しんでいただけますよ!

 

この若き才能が生み出すアイウェアから目が離せません!

 

ムラカミ トシノブ

Today’s g.g.snap ◆vol.002

2018.09.09

みなさん、こんにちは。

ムラカミです!

 

本日は、素敵なお客さまのご紹介!!

フランスのアイウェアブランド [ tarian ] のメガネを

セレクトしていただいた N 様です!

 

もともとメガネが好きで、当店オープンの情報を入れ足を運んでいただきました。

彼女さんとご一緒にメガネ選びを楽しんでくれている様子を見ていて、

私の方ががなんだか癒されるという。笑

 

 

この抜群にカッコいい掛けこなし。。。

フレームのカラー強いこだわりのある [ tarian ]

今までのコレクションに加え、楽しんで掛けてください!

 

 

二人ともノリノリでお店を楽しんでもらい、

こんなおまけショットも撮らせていただきました!笑

ブログ出演のご協力ありがとうございました。

ぜひ、またご一緒に遊びにきてくださいね!

お待ちしております!

 

ムラカミ トシノブ

以前の記事